アウトドアに最適です

これまでの歴史

夏はキャンプやトレッキング、釣りなど様々なアウトドアに最適な季節です。しかし気をつけたいのは虫刺されです。自然が多いところには蚊を始めとした様々な虫がいるのでしっかりと虫除けする必要があります。 虫除けの歴史は実はとても古く、紀元前には様々なハーブが虫除けに利用されていたと言われています。日本でも江戸時代にはヨモギやかやの木を焚いて虫除けしていたいたのです。 明治18年になると海外から除虫菊が入ってきて、それをもとに虫除けが開発されていったのです。現代では線香、スプレー、液体など様々な虫除けが開発されています。 子供が利用できる身体に優しいタイプや動物にも利用できるタイプなど様々な商品が販売されており、腕にはめるタイプなどはアウトドアに最適です。

虫除けの今後の動向

虫除けは様々な商品が販売されており、とても手軽に利用できるようになっています。しかし煙を焚いたりスプレーなどを身体にまくと呼吸や皮膚からも吸収されてしまいます。 虫除けには様々な添加物も使用されているため身体や皮膚が弱い方だとアレルギーの原因となってしまう場合もあります。しかしアウトドアなど虫除けをしないと色々な虫に刺されてしまい、近年では日本にいなかったような虫も増えているため不安があります 虫除けの今後の取り組みですが、オーガニックなど身体に優しい商品がさらに注目されて増えていくものと考えられます。オーガニックや無添加商品も現在では販売されていますが、さらに低価格で一般的に販売されていくものと予測されます。